ニキビ跡を隠すにはコンシーラー

私はあんまりニキビは出来ませんが、それでも生活習慣が乱れたり、食事が偏るとニキビが出来てしまって、跡が残るとわかっていてもついついニキビが気になって、ニキビを触ってしまったり潰してしまうので、ニキビ跡が出来てしまう事がよくあります。

ニキビが出来た時にファンデーションを塗ると、もっとニキビが悪化するかな時にあることがあるんですが、化粧しないわけにいかないので、ファンデーションを塗るんですが、そのまま塗るとニキビの赤みが目立って汚く見えるので、私はコンシーラーを使ってニキビ跡をカバーしています。

コンシーラーは何色か色があるので、ニキビの具合によって色を選択できますが、普通にファンデーションを塗るより、カバーできるのでニキビの跡が隠れてくれるので、コンシーラーは手放せないアイテムです。

もちろんニキビを作らせない事、跡を残さないようにする事も大事なのですが、これがあれば割とすっぴんに跡が残っていても、肌がきれいに見えるし、手頃なので簡単に始められると思います。

自分の肌質に合った色を選ぶ事で、かなり肌にフィットしてくれるし、肌がきれいに見えるようになるので、コンシーラーを使っていないというなら、試しに使って化粧をしてみて欲しいと思います。

(宮城県 えなさん)




ニキビ跡を上手に隠すコツ

出来てしまったニキビ跡は、内部の化膿が止まってからも色素沈着が残ったりシミやくすみになって大変です((+_+))。

そんなニキビ跡のシミを完全に治すには、相当な時間を要する事でしょう。

そこでニキビ跡が完全に治るまでは、上手にメイクで隠す事をお勧めします。

そんな時のお役立ちアイテムが、株式会社アイケイのCCホワイトベース・カラーコントロールです。

これは実はドラッグストアの売り上げトップを走っている人気商品なのですが、ファンデーションの前に顔全体に塗るだけでかなり白くなります。

この時点で薄いくすみやシミだったらきれいに隠してくれます。

隠してくれる以上に、透明感のある陶器のような美しい素肌感を演出してくれます。

その後に薄くファンデーションを塗るのですが、もしそれでもまだニキビ跡が完全に隠れていない場合には、ダーマカラー・カモフラージュパーフェクトコンシーラーを軽く塗って手でなじませます。

このコンシーラーのカバー力はすごいので、大抵のニキビ跡やシミ、毛穴はカバーしてくれます。

そして最後の仕上げのフェイスパウダーには、プインプル・ブライトパウダーをはたきます。

これはコンパクトタイプの薄いパープルカラーのフェイスパウダーなのですが、フェイスパウダーの中でも仕上げり感の美しさはダントツです。

こんな風に高性能でカバー力の高いコスメを取り入れる事によって、ニキビ跡もきれいに隠せるのでした。

(大分県 キジ寅にゃら子さん)