ニキビ跡を刺激しないように

痒くてつらいニキビがよくできます。
もともと肌が脂っこいこともあるのでしょうが、特に肘の裏や手首など冬はニットを着た跡にぽつぽつっとできることも。
ニキビが早く治るように刺激しないを第一に化学繊維が含まれる素材の服をできるだけ着ない、ニキビができた場所がこすれないように寒くても服を半そでにしたりして摩擦を避ける、生の野菜や食物繊維豊富なおからを多く食べることで代謝を上げてお肌の新陳代謝のサイクルを早めてニキビを改善させられるようにと気を付けています。
普段からそれができていれば良いのですが、服を着ないで生活をするわけにもいきませんし、毎日の食生活の改善をしたくても忙しくて立て込んでくるとそれも中々難しく…不規則な日々が増えるとニキビも増えてうんざりします。
私の知っている方はニキビを親につぶされた思春期を送ったせいか、大人の今も毛穴がぼつっと開いたりニキビ跡がずっと残っていたりで痛々しく、そうはなりたくないなとニキビはつぶさず刺激せずを考えて対処しています。
摩擦に気をつけるだけではなくお肌が乾燥しないようにしっかりと保湿ケアも心がけているからか、ニキビはできますが跡がずっと残ることもなく、綺麗に消えてくれます。

(北海道 tomochanさん)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です