婦人科の治療のピルでニキビやニキビ跡が改善

とにかく高校時代に学校の先生に言われる位の赤いニキビでずっと悩んでしました。

甘いものを控えたり油分を控えたり。

ただすぐに結果が出るものではないので何かよい物がないのかと思っていました。

ですのであれから何年経ってもニキビ後は消えるものではなくコンシーラで隠して化粧をしたりしても逆に毛穴が詰まって状況は悪くなるばかり。

ただニキビの事ではなく生理の悩みで婦人科に通院する事になり先生に処方されたのは超低用量ピルのヤーズでした。

もちろん婦人科疾患の治療目的なのですがこれによってホルモンバランスが落ち着いて来たのか少しずつ生理前のニキビも減ってきました。

女性ホルモン効果によって肌の質が変わって来たのだと思います。

先生に聞いてみたらやはり同じような意見でした。

病気じゃない人がピルを飲むのはおすすめじゃないですが生理に悩み、ニキビや跡がある人は効果的だと思います。

女性ホルモンにも2種類ありその一つの黄体ホルモンが原因のようなのでそこのバランスを保つ事によって肌の調子がよくなり新しいニキビを防ぎニキビ跡も少しずつ改善されるんだと思います。

女性には生理があるため日々体の状況が変化します。

薬ではなくても一定の体調を維持できるように体の内側からも変えていくのも必要かもしれないです。

(北海道 リリーさん)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です