デコボコしたニキビ跡を改善したい

ニキビがなかなか治らずに悪戦苦闘して、やっと落ち着いてきたと思ったら、皮膚がデコボコしたような感じになっていて、これがいつまでも治らないような状態になっている事があります。

これはニキビの影響によって皮膚が変形してしまったニキビ跡という状態です。

これを改善する為には、生活全体で改善していく事を心がけます。

まず必要になってくるのはビタミンです。

肌の角質を作るコラーゲンを生成するためにビタミンCの摂取量を高めます。

レモンやオレンジなどの柑橘類や、野菜ではブロッコリーやピーマン、ゴーヤーなどに多く含まれているので、これらの食事を出来るだけ毎日摂取するようにします。

ビタミンCは、1度に大量に摂取したとしても体の中で蓄積することが出来ないビタミンなので、毎日ビタミンCを摂取する習慣を考えて行く必要があります。

そして、肌の古い角質を除去して、新しい肌を生成させるためにピーリング効果のあるクリームを使用します。

そして、もう一つ大事になってくるのが保湿です。

ニキビ跡の状態になってなかなか改善していかないのは、皮膚の水分が失われている状態で固くなっていると事が問題なのです。

この水分量を整え、皮膚の細胞を作り変えるサイクルを高めるように変えていくのです。

(沖縄 しまんちゅさん)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です