ニキビ跡によい栄養素はタンパク質、ビタミンC、オメガ3、亜鉛

肌は食べたものでできています。

食生活を改善することでニキビ跡を治す手助けになります。

ニキビ跡を治すにはターンオーバーを正常にする必要があります。

肌の生まれ変わりに必要なのがタンパク質です。

タンパク質が不足するとターンオーバーが乱れて乾燥し、ニキビができやすくなります。

タンパク質は体内でアミノ酸に分解されてコラーゲンの原料になります。

ビタミンCと一緒に摂取すると吸収率が高まり、コラーゲン生成が促されます。

肉・魚・卵・乳製品・大豆などに多く含まれています。

オメガ3系脂肪酸は細胞膜を形成するために必要な成分です。

潤って艶やかな肌を作ります。

オメガ3は体内で合成することができないので食事から摂取する必要があります。

青魚、亜麻仁油、しそ油、クルミなどに多く含まれています。

熱で酸化しやすいので加熱調理には向かず、サラダにかけるなどして摂取します。

亜鉛は新陳代謝を活発にして肌荒れに効果的なミネラルです。

体内の多くの酵素の働きに関係していて、亜鉛が不足すると細胞の生まれ変わりがスムーズにできなくなります。

現代人は亜鉛が不足しがちなので、意識して摂りたい栄養素です。

牡蠣、レバー、うなぎなどに多く含まれています。

体の中から整えることでニキビ跡の治りがよくなります。

(千葉県 リコリンさん)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です