ニキビ跡の改善は保湿あるのみ

20代の頃には大いにニキビに悩まされたもんです。

顔だけでなく身体にもニキビがたくさんできて、治すのに苦労しました。

しかし、ニキビが治った後にポツポツと赤黒いニキビ跡が残ってしまったんです。

ついニキビを潰してしまったものや洗顔などで自然に潰れてしまったが原因になっているんだと思います。

ただ、ニキビ跡はニキビほどやっかいではないので、メイクでカバーすることもできるのが救いでした。

コンシーラーを塗れば何とか隠すことができるレベルだったので、あまり深刻に悩まずにすんだのです。

乾燥肌持ちなので、ニキビ跡を良くするためにもとにかく保湿あるのみで、化粧水をたっぷり付けるようにして、ふたとなる乳液などを忘れずにつけるようにしました。

肌のターンオーバーの効果で、ニキビ跡が薄くなるのを期待してのことです。

無添加で低刺激なお安めの化粧水をこれでもかってくらいに肌に入れ込むようにつけて、すかさず乳液などでふたをするといった具合です。

乾燥が気になる季節には、これにプラスしてホホバオイルを薄く伸ばしたりして、とにかく保湿を重視するようなケアを続けました。

30代になる頃にはニキビ跡もほとんど治ってしまい、新たにニキビができることも少なくなりました。

(東京都 はるママさん)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です