手軽にニキビ跡を目立たなくする方法は保湿ケア

私は10代の時に顔に赤くて大きなニキビが大量にでき、病院に行ったことがありました。
その時は周囲の人から「触らないように」と言われていたのですが、何となく気になって触ってしまい、時には潰していたので、頬にニキビ跡が出来てしまい、今さらながら後悔しています。
大人になってメイクをするようになり、どうにかニキビ跡が目立たないよう工夫してきました。
コンシーラーを塗ってみたり、ファンデーションの色を変えてみたりと言う事をしてみたのですが、あまり効果が無く少々諦めていました。

しかし、30代になって肌が乾燥するようになると、お化粧のノリが悪くなり、ますます目立つようになったので、かなり保湿に力を入れてケアするようにしました。

すると、深いニキビ跡が徐々に浅くなってきて、ファンデーションだけでもずいぶん平らに隠れるようになってきました。
恐らく、肌のキメがふっくらと整ってきたことで、目立たなくなったのだと思います。
その事に気が付いてから、私の保湿ケアはドンドン拍車がかかり、ニキビ跡が気になる所を頻繁にコットンでパックするようになりました。
現在、本当に目立たなくなっているので、いつも使っている化粧水で試してみると良いかもしれません。
今後も肌全体の保湿に気を付けるとともに、ニキビ跡もしっかり保湿していきたいと思います。

(栃木県 なるおさん)




ニキビ跡を残さないニキビが出来てしまった後のスキンケア

なるべくできないように気を付けてはいるが、どんなに気をつけても勝手に出来てくれるのがニキビである。
私はいけないと思いながらついニキビを触ってしまうので、跡に残ることが多々ある。
そんなときの対処法だが、まだ初期の段階であれば私はオロナインを夜寝る前に塗っている。
これが結構ニキビをキレイに治してくれるのである。

それでも治らない完全に跡に残ってしまっているものに関しては、普段のスキンケアにニキビ跡対策を加えている。
私が実践しているのは、ビタミン系の美容液やクリームを塗ることである。
合うものは個人差があるが、私が愛用しているのは美容液ならロート製薬のメラノCC、クリームは海外製のビタクリームというものだ。
どちらも本当に良く効き、しばらく塗り続けていれば、「どこにあったかな」と探さないとわからないくらい薄くなっている。
しかもどちらもビタミンがたっぷり入っている製品なので美白効果も抜群であるし、ビタクリームに関しては保湿力が非常に高いので私の場合、保湿目当てで使用していたらニキビ跡もキレイに治っていた、ということが多い。
ニキビはできる人はいくつになってもできるので、結構迷惑だし厄介だが、だからこそ自分に合う製品をひとつ見つけておくと案外お手入れも楽になるものである。

(神奈川県 まるこさん)




しっかり保湿でニキビ跡の対処をします。

私は昔からニキビができやすいです。
高校生の頃は常に顔中ニキビだらけでした。もともと顔が脂性なので、ニキビができやすい肌質なんだと思います。
高校生の時はそのニキビ肌がコンプレックスでしたし、そのことでイジメにあったりもしていました。
大学に入ってからは佐伯チズさんの著書を読んで、お肌のことを勉強するようになりました。
どうしてもニキビ肌を治したかったので、当時は必死でした。
当時の私はオイルクレンジングをしていたんですが、佐伯チズさんはオイルクレンジング反対派なので、私もオイルクレンジングを辞めたんです。
すると、私の肌には合っていたようでニキビが改善されました。

そしてニキビ跡の肌のケアとしては徹底的な保湿です。
オイリー肌の私ですが、オイリーなのも水分が足りないからだと気が付き、保湿するようになりました。
使用している化粧品はドクターシーラボのアクラコラーゲンゲルです。
これをマスコット大の量でふんだんに肌に塗るのです。
塗ってすぐはベトベトする感じもするのですが、5分もすると肌になじんで肌がしっとりと落ち着きます。
更にニキビの跡は優しく塗りこむようにしています。
これによって、ニキビ跡も目立たず1週間もすると綺麗に治ることが多くなりました。

(神奈川県 げんちゃんさん)




ニキビ跡は繰り返さないことが大切!

ニキビが跡になってしまうのは、一因として「同じ場所に繰り返しニキビができること」が挙げられるそうです。
傷跡と同じで、軽い傷なら跡が残りにくいのですが、何度も同じ場所にニキビができて、傷が化膿してしまったりすると、跡になりやすくなるのだと言います。

ですから、私はまずはニキビ跡の予防として「一度できたニキビを繰り返さない」ことを徹底しました。

とはいえ、いくら気をつけても、ニキビができやすい箇所というのはあるようで、できてしまうときはできてしまいます。
そのため、同じ場所にニキビができてしまったときは、その部分を清潔に保つのはもちろん、しっかり保湿して跡にしないように心がけています。

というのも、ニキビは乾燥することで外的な刺激に弱くなり、悪化してしまいやすいそうなので、よく保湿してあげることで、ニキビを刺激から守ってあげるようにするのです。

ニキビが悪化しないできれいに治れば、当然跡にもなりにくくなるんですね。
このことを知るまでは、洗顔後はニキビの部分には何もつけないで放置していたほうがいいのではないかと思っていたのですが、まったく逆だったようなので、しっかり保湿するようになりました。
お肌はお手入れするほど応えてくれるもので、このケアを心がけ始めてから、ニキビもニキビ跡もできにくくなりました。

(東京都 S.Tさん)




ニキビ跡を刺激しないように

痒くてつらいニキビがよくできます。
もともと肌が脂っこいこともあるのでしょうが、特に肘の裏や手首など冬はニットを着た跡にぽつぽつっとできることも。
ニキビが早く治るように刺激しないを第一に化学繊維が含まれる素材の服をできるだけ着ない、ニキビができた場所がこすれないように寒くても服を半そでにしたりして摩擦を避ける、生の野菜や食物繊維豊富なおからを多く食べることで代謝を上げてお肌の新陳代謝のサイクルを早めてニキビを改善させられるようにと気を付けています。
普段からそれができていれば良いのですが、服を着ないで生活をするわけにもいきませんし、毎日の食生活の改善をしたくても忙しくて立て込んでくるとそれも中々難しく…不規則な日々が増えるとニキビも増えてうんざりします。
私の知っている方はニキビを親につぶされた思春期を送ったせいか、大人の今も毛穴がぼつっと開いたりニキビ跡がずっと残っていたりで痛々しく、そうはなりたくないなとニキビはつぶさず刺激せずを考えて対処しています。
摩擦に気をつけるだけではなくお肌が乾燥しないようにしっかりと保湿ケアも心がけているからか、ニキビはできますが跡がずっと残ることもなく、綺麗に消えてくれます。

(北海道 tomochanさん)




ニキビ跡はとにかくニキビ専用化粧水で保湿

ニキビが沢山できて本当に困る!と言う程のニキビ肌ではないのですが、プチってできるとつい潰してしまいます。
その時は、芯らしきものが出るのでパッと見は治った状態になります。
しかし、気づいた時には遅く、ニキビは完治していてもニキビ跡は深くなっていました。
掘れて穴が空いたようになってしまい、遠目なら気づかれないけれど、近くで見ると明らかにニキビ跡だと分かるような状態でした。
ニキビは薬で治りましたな、ニキビ跡はどう対処すれば良いか分からず、沢山調べました。
すると、保湿が凄く重要なんだという事がわかりました。
それでニキビ跡専用の化粧水がある事を知りました。
毎日欠かさず、肌が清潔な時に塗りました。
ニキビ跡がボコボコしていると、メイクをした時にそこだけファンデーションで埋めるような状態になるので、本当に嫌でした。
その部分だけメイクがよれているように見えるので、とにかく治したかったです。
しっかり保湿をしていると、少しずつ肌がふっくらしてきました。
この時に初めて、肌が乾燥していたんだなと思いました。
水分がしっかりあると、確かに肌が潤っているし、ニキビ跡が小さくなりました。
まだ、完璧ではないですが、ほとんど目立たなくなりました。
ニキビ跡には、絶対に保湿です!

(大阪府 山下祥子さん)