ニキビ跡にワセリンを塗ってその上から日焼け止めを塗る

10代のまではなかったニキビが20代前半からでき始めもうかれこれ20年ほどのお付き合いになります。
ポツポツした白ニキビに加え膿を伴い赤く膨れ上がる膿ニキビ、大小さまざまなニキビが排卵期や生理前になると現れ、顔には常時ニキビが居座っている状態です。
この20年間、数え切れないほどの方法を実践してきました。
まずは皮膚科治療。
診てもらった結果、どうやら私はニキビ跡が色素沈着を起こしやすい肌質らしく、紫外線を浴びると黒くなってしまう確率が人よりも高いと言われました。

皮膚科で「ハイドロキノン」という薬をもらいお医者さんに言われる通り毎日塗っていましたが私の肌にはあまり効果がなかったように思います。

プロアクティブなどのニキビ用化粧品を使っても特にニキビが減ることはなくニキビが減らない=出来たニキビと同量のニキビ跡ができるという繰り返しで紫外線吸着率が高い肌なんだと諦め気味です。

とはいえ、この数週間での事ですがこんな私でも少しだけニキビ跡を薄くする方法をみつけました。
といっても、完全に消えるという訳ではないのですが・・・
方法は至って簡単で、潰してしまいニキビ跡になった部分にワセリンを塗りその上から日焼け止めをしっかり塗って出来るだけそこの部分を隠すという方法です。

ニキビ跡になった部分は乾燥して皮がはがれたりするのでワセリンを塗ることで保湿をしてその上から日焼け止めを塗って紫外線から守るようにするのです。

私の場合、唇の下あたりだったのでこの2つをしっかり塗りどこへ行くにもマスクをしていました。
すると、いつもは黒ずんで半年以上消えなかった跡が3日ほどのマスク生活で薄くなっていったのです。
顔にあるニキビ跡は外出する気が失せるほど嫌なものですよね。
出来る限り紫外線を当てないようにして出来るだけ早くニキビ跡、消せたらいいですね。

(愛知県・Mさん)