恥ずかしいニキビ跡を治すには丁寧なスキンケアが必要

女性にとってニキビは決して嬉しいものではなく、できれば出来てほしくないものですが。寝て起きたらいつの間にかできていたこともあると思います。普段からケアを気をつけていてもストレスや栄養の傾きからもニキビはできるので、なかなか難しい問題です。
私はニキビができてしまうと必ず隠そうと必死にファンデーションを塗り、肌に負担をかけたせいで余計にひどくなってしまって、結果ニキビ跡に悩むこととなってしまいました。化粧で隠せると言っても結局は負担をかけ続けるので治ることはありませんでした。スッピンになったときに肌が汚いと女性として恥ずかしいので頑張ってケアをしていくことにしました。

まずは食事、睡眠に注意しながら水分補給を意識しながらスキンケアをしました。化粧をするときは油分の少なめの下地などで肌を守りながら、ファンデーションが直接肌に触れないようにしました。
この作業を続けていくとニキビ跡もなくなりましたし、ニキビのできにくい肌に変わりました。ニキビは5分10分で治るものではないので日頃からの丁寧なスキンケアなど肌への気遣いがとても大切だと思います。

(大阪府 シェリーさん)

かゆいにきびはひたすらガマンして清潔にします

私は学生時代は思春期にきびに、大人になってからは大人にきびに悩んできました。
かゆいにきびはこれまでに何度も経験してきましたが
にきびがかゆい時とは、にきびができ始める段階と少しふくれてきた段階です。

学生の頃は、にきびがかゆいと無意識のうちににきびを触ったり掻きました。
更ににきびの先端が化膿してしまうと、見た目が良くないため潰していました。
にきびを潰すと痕が残ってしまい後悔するので、今では絶対ににきびは触りません。

長年にきびと付き合ってきたわたしが言えることは、にきびがかゆくても絶対に触らないことです。
触らない方が早くにきびが治ります。そして洗顔は丁寧にすることが大切です。
洗顔のコツは、洗顔フォームをしっかりと泡立てて、泡で洗顔することです。
また洗顔の後はタオルで顔を押さえる程度にします。上下に動かすとにきびが潰れます。

大人になってからは、シミソバカス対策のためにビタミン剤「ハイチオールCプラス」を飲んでいます。
ビタミン剤を飲んでから、大人ニキビの治りが早くなりました。

実は現在、季節の変わり目で肌が少し荒れています。顎の周辺に大人にきびができています。
大人にきびのすぐ近くにかゆみがあるので、もうひとつ大人にきびができてしまいそうです。
もちろんかゆみがあるのですが、ひたすらがまんしています。

にきびはかゆくなっても掻かないことが大切です。

(三重県 Sサイズさん)

かゆいニキビができたらお肌に刺激を与えず、休ましてあげること

ニキビがぽつぽつ。しかも、かゆい!
相当お肌が弱ってしまっているんだなぁと、凹んでしまいます。
そんなとき、どうするか。
もちろん、かいてしまうなんてことは駄目です。ニキビが潰れて、痕になってしまいます。

「極力お肌に刺激を与えず、休ましてあげること!」これに尽きます。

お肌に刺激になるものって??例えば、化粧品、スキンケア用品、手や髪による刺激…などなど。
これらを絶つって、大変だし、すごく勇気のいることですが…。できる限りのことをやります。
・メイクはしないのが望ましい →日焼け止めにベビーパウダー、マスクをするなど。
・夜洗顔したあとは、何も塗らない! →乾燥がどうしても気になる時は、ワセリンやオリーブオイルだけ使う。
・お肌にはできるだけ触れず、タオルでくるんだ保冷剤を当て、冷やしてかゆみを抑える。
これで、回復するのを待ちます。

風邪をひいたときなど、体調を崩しているときって食事を取れなかったりしますよね。
弱っているときに、どれだけ栄養を押し込もうとしてもうまく吸収できなかったり、回復するためにそれどころじゃない!っていう状態なのではないかなぁと思っております。
特効薬ではありませんが、かゆいニキビは出てきてしまった時、それは風邪と同じように「休む」のがイチバンなのではないかなと思っております。

(静岡県 はるさん)

ニキビ肌にもお財布にもやさしい、ちふれの化粧水

私がニキビ肌に悩む人におすすめしたい化粧水は、
ちふれのさっぱりタイプの化粧水です+(0゚・∀・) +

ひとつのボトルにたっぷり150ml入って、値段は500円前後と
お財布にやさしいのも、とっても嬉しい点です。
化粧水は、たっぷり使ってお肌をしっかりいたわりたいものですよね。
その点、ちふれの化粧水なら、気兼ねなくたっぷりぱしゃぱしゃと
つけることができるので、コットンに含ませてパックにしたりもしています。

この化粧水にはアルコールが含まれているので、つけるとスースーして、
ニキビで火照った肌が冷却される感じがあり、ひどいニキビができてしまった
時には、少し炎症が静まってくれたので、助かりました。

アルコールが苦手な人の場合、ノンアルコールタイプも
売られているので、そちらを試してみるといいかもしれません。
私もノンアルコールタイプを試したことがありますが、
通常のさっぱりタイプ化粧水から、スースー感を引いた
化粧水という感じで、使用感は良かったです。

私の場合、通常のさっぱりタイプのスースーする付け心地が
気に入っているので、もう何回リピートしたかわからないくらいの
ヘビーユーザーになっていますo(´∇`*o)

なんといっても、これを使いだしてから、ニキビができにくくなったこと、
また、これまであった頑固なニキビが徐々に減っていって、
今は落ち着いた肌状態になっていることから、手放せない存在になりました。

(東京都 六花さん)

DHCのアクネコントロールはニキビの悩み解消に最高!

うちの娘もニキビで随分悩んでいました。
最初は化粧水などの化粧品を使たくないと言っていましたが
周りの友達に影響されて化粧に興味をもちはじめました。

そこで、私がDHCの愛用者だったこともあり、
同社の『薬用アクネコントロールシリーズ』を使ってみることにしました。

理由は値段の安さとブランド力です。
使い始めたとき、1200円でポーチに入ったトライアルセットがあって
それで試せたのもよかったです。

効果が無かったら返金しますというサービスは信用できなくて
こういう形のお試しが使いやすかったです。

この化粧水はアルコールみたいな匂いがしますが
匂いは全然残りません。
使い心地はスッとしてサラッとして
引き締め効果のある化粧水みたいでした。

トライアルで10日ほど試したあとで化粧水と乳液とフェースウォッシュを買いました。

娘はひどくニキビのできる年ではなくなりましたが、化粧水と洗顔は
未だに愛用しています。
DHCはどのシリーズも今までハズレなしですが、中でもこれは良かったです。

他の友達はプロアクティブは合わず、使っているうちに元に戻ったというので
トライアルキットを教えたら早速使って
「よかった!」
と電話をしてくれました。その方も使い続けているそうです。

(北海道・れんげさん)

ニキビ治療は無理をせず、体と心を大切に。

もともとニキビのできやすかった肌質の私。
20代半ばにさしかかり、いわゆる「大人ニキビ」に悩まされるようになりました;;
若いころのニキビと違って、大人ニキビって、なかなか治らないし、繰り返すし、痛いんですよね。
あごに大物ができちゃったときなんか、メイクで隠し切れないし、憂鬱・・・でも今は、毛穴は気になりますが大きな痛いニキビがほぼ改善&できにくくなって来ました。

やっぱり生活習慣を見直したコトがいちばん効きます。
あれこれ化粧品も試したし、皮膚科にも通っていましたが、規則正しい生活がなければ、いくらいいお薬でも効かなかったんですよね。
肌の状態がいちばんひどかった時期というのが、残業残業でストレスもたまり、体も心も休むことができなかった時。
でもそこから転職してからは、決まった時間にきちんとご飯を食べ、30分のウォーキングをし、お風呂にゆっくり使って体と心を癒し、夜12時までには(できれば10時)寝るようにする。
ニキビができても、触らず、できるだけ刺激を与えず、保湿を念入りにする。無理にメイクで隠そうとしない。

それを続けていたら、3ヶ月ほどかけて、段々だんだんゆっくりと、ニキビ跡が気にならないほど薄くなり、痛いニキビもできにくくなりました。
やっぱり肌も、体の一部。体を大切にしないと、ニキビという形でサインが出ていた、というように感じました。

(岡山県 ぴーぴさん)

ニキビ跡 治す方法